オーガニック日焼け止めランキング※楽天で人気なのは?


オーガニック日焼け止めランキング※楽天で人気なのは?

 
現在は多くのオーガニック日焼け止めが楽天で販売されています。

豊富な種類のオーガニック日焼け止めに目移りするばかりです。

そこで口コミ情報の称賛と苦情の両方を調べ販売数ではなく購入者さんの満足感で決めた オーガニック日焼け止めランキング注意点や解決策もお知らせします。

<スポンサードリンク>



 

ベビークレスコ,アロベビー オーガニックUVクリーム日焼け止め

全成分 水、酸化亜鉛、ラベンダー花水*、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソステアリン酸プロパンジオール、テトラデカン、プロパンジオール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、オリーブ油*、カプリル酸グリセリル、グリセリン、シア脂*、シリカ、ホホバエステル、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、オリーブ葉エキス、ダマスクバラエキス*、ラベンダー油*、BG、ヒアルロン酸Na、キイチゴ果汁*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キイチゴエキス* (*印はオーガニック栽培原料)

3位はベビークレスコ,アロベビー オーガニックUVクリーム日焼け止めでした。

赤ちゃんの敏感な肌を守るために天然由来の成分100%で作ったUVクリームです。

 

芸能人のお母さんなどが雑誌やブログでもオススメしています。

 

特徴としては大人向けに作られた日焼け止めだと繊細なお子さんの肌には作用が強過ぎです。

そこで天然由来の成分100%でアロベビーUVクリームは作っています。

 

繊細なお子さんの皮膚に安心して使えるUVクリームを目指し作られました。

 

紫外線吸収剤は合成した成分は使っていません。

合成による紫外線吸収剤は長期間使用すると皮膚に作用してクスミやシミを起こす心配があるとも言われています。

 

作成しているのは半世紀以上のベビーグッズの製造の実績があるメーカーです。

 

開発に始まり製造までを全部の工程に渡り国内で行っています。

世界的なオーガニックの基準であるエコサートの認証を取得した日焼け止めです。

 

エコサートの厳しい基準の概要を紹介しますと

完成の95%以上が天然由来であり植物原料の95%がオーガニックで化学原料は5%未満という厳格な基準と成っています。

 

アロベビーUVクリームは厳しいエコサートの基準を満たした日焼け止めです。

 

気に成る点として伸びが悪く塗りムラに成り白浮きもするので使用を中止した購入者さんもおられます。

日焼け防止効果も感じられないとの感想を持つ購入者さんもおられる様です。

 

敏感なお子さんだと塗った部位をかくので使用を中断した人もいます。

 

塗った皮膚感も重く感じ使い続けられなかった購入者さんもおられる様です。

落ちやすいのは良いけど暑いと汗と混じり白い水滴と成りポタポタ落ちます。

 

香りは好き嫌いが分かれ合わない人は使用をやめた人もおられる様です。

<スポンサードリンク>



 

ETVOS日焼け止めパウダー「ミネラルUVパウダー/SPF50 PA++++」

 

全成分 マイカ、シリカ、カオリン、酸化亜鉛、炭酸Ca、硫酸Ba、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、カミツレ花エキス、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、グリチルリチン酸2K、トレハロース、フィトステロールズ、水添レシチン、水、ステアロイルグルタミン酸2Na、酸化チタン、水酸化Al、ステアリン酸、酸化鉄

2位はETVOS日焼け止めパウダー「ミネラルUVパウダー/SPF50 PA++++」でした。

波長の長いUVAの害からも肌をガードする日焼け止めパウダーです。

 

紫外線吸収剤、シリコン、タルク、鉱物油、ナノ粒子、石油系合成界面活性剤、合成着色料、合成香料は使っていません。

 

美容成分およびミネラル成分とで製造し肌に優しい日焼け止めパウダーを目指しました。

パウダータイプなので毛穴を塞がずに日焼けを防止してお湯と石鹸で容易に落とせます。

 

80%以上の長波長UVAと75%以上のブルータイトを防ぐ日焼け止めパウダーです。

 

ヒト型のセラミドを数種類含み肌のバリア機能と保湿効果を持たせています。

さらに白キクラゲ多糖体も含有しているので保水力も優れた日焼け止めパウダーです。

 

炭酸カルシウムや硫酸バリウムを含みソフトファーカス効果と毛穴カバーの効果があります。

 

結果として肌の悩みを自然にカバーする日焼け止めパウダーです。

残念な点として日焼け止めの色が濃過ぎて美白の人が多い昨今で日焼け止め自身の色が目立つ場合が多いでしょう。

 

パウダータイプなので仕方がない面もありますが肌が乾燥気味に成ります。

 

肌に合わない人は吹き出物が出来てしまった場合もある様です。

日焼け防止の効果も余り感じられない人がおられます。

 

パウダーの肌への付着感が感じられない人も複数おられる様です。

 

パウダータイプとの相性が悪いのか使用していると咳が出てしまう場合もあります。

パウダーが肌から落ちやすく黒い服などだと落ちた日焼け止めパウダーが目立つので問題です。

 

それではオーガニック日焼け止めランキングの第1位を発表します!

 
 

ポリシーオンラインポリシー化粧品サンブロック日焼け止めホホバ

<全成分>水、シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、フェニルトリメチコン、酸化チタン、酸化亜鉛、PEG-10ジメチコン、スクワラン、1,2-ヘキサンジオール、グリセリン、水酸化Al、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、アルテア根エキス、アルニカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ボタンエキス、アスコルビン酸硫酸2Na、アスパラギン酸、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、ローズマリー葉エキス、ハマメリス葉エキス、ホウセンカエキス、レモン果実エキス、グリチルリチン酸2K、カミツレ花エキス、レモングラス葉/茎エキス、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、レウコノストック/ダイコン根発酵液、BG、グリチルレチン酸ステアリル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、メチコン、ハイドロゲンジメチコン、ポリシリコーン-14

第1位はポリシーオンラインポリシー化粧品サンブロック日焼け止めホホバが獲得しました!

スキンケアとUVケアが同時に可能なオーガニック日焼け止めです。

 

天然の成分にこだわってサンブロックは作成されています。

 

紫外線カット成分として採用されたのが天然の素材であるカンゾウ根エキスです。

白浮きも少なく使いやすい付け心地に成っています。

 

粘性の少ない日焼け止めで刺激感の無い優しい使い心地です。

 

サラサラで付け心地が良くべた付かないので通年で使い続ける愛好者もいます。

厳選したオーガニックな成分を使いながら、さらに技術の粋を集め肌に優しい日焼け止めとしました。

 

コスメの下地にも使用可能で保湿の効果が優れているのでファンデーションが安定します。

 

サラサラして日焼け止めなのに使い心地が重く成らない日焼け止めです。

美白効果がビタミンCの二百倍以上ある甘草フラボノイドが含まれているので続けると美肌効果が期待できます。

 

プロのエステティシャンも効果を実感して愛用している日焼け止めです。

 

使い心地が良く効果が高いので何年も繰り返しリピート購入している人が多数おられます。

保湿効果が優れているので肌に優しく使い心地が良好です。

 

サラサラなので伸びも良く塗り心地も良好に作られています。

 

配送も迅速でサンブロックを発注すると素早く配送され待たせません。

軽くてコンパクトな容器に入っているので携帯して出先で手軽に日焼け止め予防できます。

 

気に成る点として少数ですが痒みや吹き出物が出た人もおられます。

 

使う前にカットバンなどでパッチテストを行って下さい。

例外的に合わない人も極僅かおられますがリピートされる人が大多数の優れたオーガニック日焼け止めです。

<スポンサードリンク>


コメントを残す