改めてマイナンバー制度のメリットとデメリットとは?


改めてマイナンバー制度のメリットとデメリットとは?

<スポンサードリンク>


平成27年の10月にマイナンバーとして個人番号が通知されましたね。

すでに、お手元にマイナンバーは届きましたでしょうか?

マイナンバーは、とても大切なものなので紛失しない様に大切に保存して下さい。

ここでは改めてマイナンバーの基礎とメリット、デメリットをお伝えします。

1,マイナンバー制度について基礎

mynumber

 

マイナンバー制度により日本に住民票がある国民の方々の1人1人に12桁のマイナンバーが割り当てられました。

そもそもマイナンバー制度の目的は国民一人一人を明確に識別し正確に情報を管理することです。

そしてマイナンバー制度により国民の判別が、とても簡単に成ります。

各々の国民に別々の個人番号を割り当て運動場で活動する選手でも背番号で判別できる様に国民も判別できやすく成るわけです。

 

マイナンバーの様な数字で個人を識別できるとコンピューターで処理できるので正確な管理がグンとしやすく成ります。

国民保険、納税、社会年金などの個人の情報をマイナンバーに関連付け一元管理することで事務処理が大幅にスピーディーに、かつ正確に成るわけです。

 

実はマイナンバー制度の採用は以前から導入が提唱され続けてきました。

しかしプライバシーを侵害される恐れがあるとして採用に慎重な意見が多く採用が先送りされてきたのです。

 

年金記録漏れが社会問題化したので必要性が活発に議論され採用へと行政も舵を切りました。

今回、導入したマイナンバー制度で記録漏れ防止効果が期待されています。

2,マイナンバー制度のメリットって何があるの?

行政においても、国民においてもマイナンバー制度により多大なメリットが期待できます。

 

容易に個人を判別できるので年金、健康保険、納税など各種の手続きが格段に今までよりもスピーディーに成るのです。

今までは縦割り行政の弊害で同じ人物の情報でも別個に担当の役所に問い合わせる必要がありました。

 

しかし今後は役所間での情報がマイナンバー制度で画一に管理できるので圧倒的にスピーディーに成ります。

マイナンバー制度により全国津々浦々でのすべての役所で画一されたマイナンバーで情報が管理されるわけです。

 

なので、それぞれの役所間において情報を交信するときは情報の共有や関連付けがスピーディーに処理できる様に成ります。

役場の窓口で手続きのときに延々と待たされるストレスから開放され迅速に欲しい資料が入手出来る様に成るわけです。

 

時間が節約出来るだけでなく数字で個人情報を扱えコンピューターで処理できるので人為的ミスが大幅に減り正確な事務処理が行われます。

最悪にして不手際があってもコンピューターで即座にオンラインで調査できたちどころミスを発見することが可能です。

しかもマイナンバー制度は一元管理なので誤りを直すのも極めて容易で正確にできます。

 

コンピューター導入がマイナンバー制度により更に進むので人手が少なくて済み経費削減が可能です。

軽減された人手や経費を他の必要な分野に回せるので役所のサービスのより一層の向上が可能に成ります。

 

例えば花子さんが保険料の免除を申請する場合を考えてみましょう。

花子さんは市役所そしてハローワークに、それぞれ書類を申請、取得します。

 

そして、それらの書類をそろえて年金事務所に提出します。

それぞれの役所への移動、手続き、待ち時間、手数料など負担ですよね。

 

今後はマイナンバー制度が施行されたので花子さんは年金事務所で申請書にマイナンバーを記入し提出するだけです!

この違い分かって頂けますか?

格段に役所での手間が少なくて済むのです!

 

さらにマイナンバー制度にともない自分の個人情報を確認できる「マイナポータル」が創設されます。

 

マイナポータル?どんなものでしょうね?

具体的には以下の情報が今後いつでも閲覧できます。

・自己情報 市役所などが扱っている自分の個人情報

・情報提供等記録 国、県、市役所間で交換された個人情報

・介護や予防接種や年金などをお知らせする情報

つまり自分の情報が間違ってないか自己確認が可能に成ります。

 

また以下のサービスを受けることが可能です。

<スポンサードリンク>



・引越し手続きなどをワンストップで完了できます。

・各種の電子化データを受け取ることが可能です。

・社会保障、納税など現金を使わずにオンライン決済できます。

よって現在において自分に必要な情報をタイムリーに知ることが可能です。

 

さらに大地震などの巨大災害が発生すると被災者情報の早急な作成も救助活動を迅速に行うために必要です。

マイナンバー制度によりコンピューター処理が迅速に行え障害や家族状況に合わせた個別の正確な必要情報の整理、作成もスピーディーに可能と成ります。

そして復興支援事業についても支給対象者を個別に適切な再建支援金の迅速な給付が可能です。

 

3,マイナンバーのデメリット、弊害

マイナンバー制度は多くのメリットがあります。

しかし利便性の裏には当然デメリットや弊害の恐れがあるわけです。

 

まず情報のぞき見などプライバシーを侵害させられる心配があります。

様々な情報が一元管理されるので便利な反面で芋づる式にプライバシー情報を知られてしまう危険が発生するわけです。

 

特にマイナンバーの情報を見ることが可能な行政職員が個人情報を容易にリサーチできるのでプライバシー保護の観点から懸念があります。

悪意のあるマイナンバーを管理する担当者が恣意的にマイナンバー制度を悪用する危険が心配されるわけです。

 

さらにマイナンバーを記録しているコンピューターへの不正アクセスにより個人情報が漏えいする心配もあります。

 

4,マイナンバー制度を見守り活用して行きましょう!

マイナンバー制度により私達と行政のあり方は大幅に変化する可能性があります。

今までは縦割り行政の弊害で1つの手続きに複数の役所窓口を訪れ何度も申請、受領の手間が必要でした。

 

これらがマイナンバー制度により1回の手続きで可能に成り大幅に手間を節約できます。

仕事の都合で頻繁に引っ越しされる人は早期のマイナンバー制度の恩恵を実感できるでしょう。

 

一部で問題に成っている生活保護費の不正受給対策も格段に進むことが期待されます。

メリットを大いに活用しつつも悪用されない様に見守り続ける姿勢が私達国民に必要ではないでしょうか?

 

そのためにもメリットとデメリットを知って頂きたく、この記事を書きました。

マイナポータルなどを活用して是非マイナンバー制度を見守り続けて下さい。

<スポンサードリンク>


コメントを残す