メンズサンダル人気ランキングBest10【2017年】


メンズサンダル人気ランキングBest10【2017年】

2017年もメンズサンダルは色々なメーカーから様々なデザインのモデルが出されています。

機能も多彩で見ていても迷うばかりです。

そこでメンズサンダル人気順にランキング形式で紹介します。

<スポンサードリンク>



 

10位 アモジ 男女兼用 室内履き替え サンダル

メイン素材: ポリエステル
表地: EVA
ヒールのタイプ: フラット
■アッパーやアウトソール:サンダル全体は無公害素材EVAで仕上げたので、軽さが抜群!
■重さ:方足わずか約0.2kg
■特徴:軽量、滑り止め、屈曲性

アモジ 男女兼用 室内履き替え サンダルが10位でした。

上部は循環通気を通気ホールにより実現しています。

滑り止め機能がアウトソールに施された構造です。

 

無公害EVAの素材で作られたアウトソールは軽量で重さ二百グラムと成っています。

気に成る点として上部の網目構造は耐久性に不安を感じる人がいました。

 

履いていて滑りを感じる人がいます。

離型剤らしきものが残っている感じがあり滑る様です。

衝撃吸収は弱いと感じる人がいます。

 

9位 クロックス crocs サンダル スペシャリスト ベント

メイン素材: 合成樹脂
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 2.5 cm
ストラップの種類: バックストラップ
ソールの厚さ:1cm

9位は クロックス crocs サンダル スペシャリスト ベントでした。

負担感なく朝から晩まで通して歩行できる高機能と足元でのファッション性を兼ね備えたモデルです。

特に通気性能は優秀なモデルと成っています。

 

側面にある通気口により通気性を出しながら液体を跳ね返す構造です。

気に成る点として他のクロックスに比べれば、やっぱり少し蒸れます。

 

雨の日に外出するとさすがに水が侵入する様です。

少し小さ目で注文した方がぴったりだったとする感想があります。

 

8位 テバ サンダル ハリケーン XLT メンズ

靴幅: D
メイン素材: 合成繊維
ソール素材または裏地: ラバーソール
ヒールの高さ: 2.5 cm
留め具の種類: ベルクロ・マジックテープ
ソールの厚さ:1.5cm
靴幅:D

テバ サンダル ハリケーン XLT メンズが8位です。

足を3つの点により固定する独特なストラップシステムによるテバ製サンダルの代表的な商品と成ります。

足を包み込むインソールで支えるので朝夕を通じ爽快に履き続ける事が可能です。

 

ポリウレタンによる衝撃吸収剤が着地したときの足への負担を吸収します。

亜鉛を活用した働きで雑菌の繁殖を抑え嫌な臭いを防止する機能つきです。

 

そして洗浄しても臭いを抑える抗菌効果は維持され続けます。

困った点として接合部が弱く数か月ではがれるケースもある様です。

消臭効果は初期だけで徐々に効果は無くなる事例があります。

 

サンダルにもかかわらず足が蒸れて臭う場合がある様です。

固定部分が少ないので負担がかかり擦れて痛む場合もあります。

 

7位 アティカ New メンズ スポーツサンダル tesla Cairo

通年対応のハイブリッドウェア。
アッパーは水や汚れに強いポリエステル素材。
軽量で歩行時の銃撃を緩和するア圧縮成型されたEVAミッドソール採用。

7位は アティカ New メンズ スポーツサンダル tesla Cairoでした。

調整が簡単なエラスティックストリングス、劣化に強く歩く時の衝撃を吸収する上に軽量な圧縮成型EBAミッドソールなど独自技術がつかわれています。

泥水や汚れに強く防水性能が優れたポリエステル製のストラップ使用です。

 

気に成る点として開封直後はゴムの臭いが強くにおいます。

表示サイズよりも小さい履き心地なので少し大き目が良い様です。

 

濡れた道などでタイルなどだと滑る感じがした人がいらしたので注意を必要とします。

足底が薄くて軽い分、衝撃吸収が少なく固い道の上を歩くと負担を感じる人がいる様です。

 

6位 アディダス サンダル デュラモ SLD IO476

メイン素材: 合成樹脂
表地: 合繊
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 2.5 cm
ソールの厚さ:2cm

アディダス サンダル デュラモ SLD IO476が6位でした。

アディダスのトレードマーク、スリーストライプが印象的なサンダルです。

スタンダードなシャワーサンダルに豊富なカラーを取り揃えています。

 

アディダスがスポーツシューズで培った技術が生かされたメンズサンダルです。

注意が必要な点としてゴム製なのでサイズに余裕がないと肌が擦れます。

 

表示サイズよりも小さい場合があるので注意が必要です。

フィット感に対しても不足に感じる意見があります。

長時間履いていると滑る成分が染み出て足が滑るので注意が必要です。

 

白線の印刷が安っぽいという感想があります。

日差しで干していると縮む場合がある様です。

足底が固く感じられる場合があるという報告もあります。

 

5位 クロックスcrocs バヤ ラインド クロッグ

メイン素材: 合成樹脂
表地: ナイロン
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 3 cm
ストラップの種類: モンクストラップ
原産国:中国

5位はクロックスcrocs バヤ ラインド クロッグでした。

スタンダードなクロックスがウインター使用で登場です。

暖かいブラッシュの材質によるフリースをライニングに使い冬でも保温性を確保しました。

 

注意が必要な点としてフリースを使用している影響か実際に履くと少し小さく感じられるかもしれません。

また靴の中で滑るので、この点も気を付ける必要があります。

 

寒い外では良いけど暖かい室内だと汗ばみ蒸れるので履き替える必要がありそうです。

フリースとの組み合わせの関係か他のクロックスに比べて素材が固く感じるとの感想があります。

 

4位クロックス クラシック Classic クロッグ 10001

メイン素材: EVA
表地: 合繊
ソール素材または裏地: EVA
ヒールの高さ: 3.5 cm
ソールの厚さ:2cm

クロックスcrocs クラシック Classic クロッグ 10001が4位でした。

発売当初に革新的な存在として爆発的なヒットを記録したクロッグの原点です。

クロックスの原点が再価格設定で販売されています。

 

困った点としてメイドインベトナムは評判が良くメイドインチャイナの商品には外れの声が多い様です。

穴の配置の調整が不足しているのか少し蒸れるという報告もあります。

雨の日は滑りやすい場所ではスリップするので注意が必要です。

 

3位 クロックス crocs サンダル デュエット スポーツ

靴幅: 4E
メイン素材: 合成樹脂
表地: 合繊
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 3.5 cm
ソールの厚さ:2cm

3位はクロックス crocs サンダル デュエット スポーツ クロッグでした。

デュエット スポーツ クロッグは上部と足底で色が分かれているので対照が印象的です。

足底は柔軟で上部は丈夫な二重構造により快適な履き心地を実現しています。

 

サっと拭くだけで可能な手軽な手入れも嬉しいですね。

残念な点として表示サイズと実際に履いた感じが一致しない場合が多々発生しています。

 

夏場に縮んだという感想が若干ですがありました。

足が大きい人はラフなクロックスにより更に大きく見える場合があります。

ダッシュしながら急にターンして荷重をかけると穴と穴の間が裂ける事故の報告もあり注意が必要です。

 

2位 クロックス  crocs  サンダル  バヤ

 

メイン素材: 合成樹脂
表地: ナイロン
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 2.5 cm
ストラップの種類: モンクストラップ
ソールの厚さ:1.5cm

クロックス  crocs  サンダル  バヤが2位でした。

crocsのロゴを切り抜いき分かりやすい前衛的な外見のバヤ!

もちろんクロックスに必ず使用されているクロスライト素材で群を抜いた衝撃吸収性能です。

 

気に成る点として安価な価格設定なので原材料費が削られたのかペラペラの感じがするとの感想があります。

他のモデルと厚みは同じなのに不思議です。

 

柔らかい分、劣化の足も速いと感じているユーザーもいらっしゃいます。

雨の日に濡れて滑りやすい路面部分では滑りやすいので注意が必要です。

リベットが折れる場合が多いにもかかわらず残念ながら修理には応じてもらえません。

 

クロックスの修繕は新しいビジネスチャンスに成るのでは?!(笑)

日光に当てて干していたら縮んだとする意見もありました。

 

1位 クロックス Crocband™ クロックバンド™

靴幅: 3E
メイン素材: 合成樹脂
表地: 合繊
ソール素材または裏地: 合成底
ヒールの高さ: 3.5 cm
ソールの厚さ:3cm

1位はCROCS  クロックス  Crocband™   クロックバンド™でした!

さすがクロックスの大好評なモデル、クロックバンド、人気です。

クロックス嫌いな人でさえファンにしてしまうクロックバンド!

 

履いている事を忘れてしまう程の軽さと通気性!

初めて履いた人が評判以上の履き心地の良さに驚嘆しています。

 

見た目はダボっとした感じですが実際に履くとフィットしてスマート感を与えてくれるサンダルです。

前にベルトをしても素材と構造の良さから脱げそうな不安感はありません。

気を付けた方が良い点として大き目のサイズの購入をすすめる声がありますが表示サイズのままで丁度良い場合も多いです。

 

履き始めは硬さを感じる場合もありますが履いている間に馴染み丁度良く成ります。

サンダルなのに脱ぎたいときにサっと脱げないと不満がありますが、これは、むしろ長所であり丁寧に脱ぐしかありません^^;

<スポンサードリンク>


コメントを残す